遊びで、笛の旋律1赤、旋律2は置いといて、旋律3紫を試してみました。

塔笛は、脈動する液体さえあれば旋律を自由に決められるのが強み。コスト不要。
ということで、未強化の笛に脈動する液体2個使用して通常の強走笛と旋律を逆にしてみました。
2015020201.jpg
通常抜刀攻撃(ぶん回し)から演奏派生>演奏止めなぐり>つか殴り>演奏派生の流れでなかなか使いやすかったです。
ただ、抜刀から演奏殴り開始すればよいのでは?とも思わなくもないです。

許しを得て、ミ・ルで実戦テストもしましたが、スムーズ。
今まで、殴り笛だと引っ掛かり感があったのが解消された感じです。
※あくまでも、個人の感想です。

たぶん、ぶん回しでガシガシと攻撃しているなかで、演奏のチャージを行う場合、つか殴りを入れてから音色1をいれておく必要があって、そのつか殴り移行に引っ掛かり感を感じていると思われる。
ぶん回しから派生で吹けると、あまり吹いてる感触がなく音色1が準備できて、音色を完成させたいタイミングでつか殴り音色23完成に持っていけるからでは無いかと考察する。

未強化を実戦で使うことはできないので、レンゲノリコーダーの旋律1,3をシジルで変更しました。
2015020301.jpg
至天シジルで旋律3は楽勝かと思われましたが、至天シジルだと赤しか出ないので結局フォロレシピ。
旋律1はカムレシピで何とか出しました。
合わせて30回ぐらいで済みましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
ある勇者たちの日々
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク