マウンテンバイクのペダル選び(初心者向け)

好み。
以上。(えーーー!?

ペダルの種類は大きく2種類。
・ビンディングペダル(スキーのそれのようにペダルと靴を固定できる)
・フラットペダル(普通のペダル)

メリットデメリットは、
・ビンディングのメリットは、引き足をつかえるので脚の力を余すところなく伝えられる。
デメリットは、靴も専用のものがいる。ペダルから足をはなすことが連続したり、とっさの時ははずすのが面倒。
専用シューズは、歩きにくい。(歩きやすくつくっているものもあり)
・フラットペダルは力の効率は落ちるけど、普通の靴が使えるので楽。

シーンでの使い分けなら、
・レースや脚の力をしっかり使いたいならビンディングがおすすめ。
・緩いライドのときはフラットがお薦め。

種類ではなく物そのものだと、軽量で耐久性の高い物が好ましい。
良く動く部分なので、重量が地味に足に効く。
体重を預ける部分なので壊れにくいものがいい。
ただ、重いほうが基本頑丈。

私が気に入ったのはこちら。(ママチャリ用ペダルはペア400g弱らしい)
安心のシマノだよならコレ。ダウンヒル用なので頑丈だと思う。公称値ペア500g。


個人的に好きなメーカーのタイオガ。
街乗りならこれで十分と思う。公称値ペア330g。
アマゾンだと黒しかないけど、クリアなどもあるらしい。
ちなみに、プロっていう上のシマノのようなペダルもあるよ。


あとはペダルレンチ
ホーザンが良いとは思うんだけど、ペダルのとりかえって二つ持ちとかじゃなければあまりやらないので使えればいいと思う。


自転車屋さんで買って、取り換えもやってくれるから面倒な方はそちらで。
基本的にペダルのネジは固いのだけど、固着してる場合もあったりと難航するときがあるから心配な方も自転車屋さんで。
ビンディングペダルは商品紹介しないのかっていうと、靴も探す必要があるのとフィッティングも必要なのでお店に行った方が早いです。

トゥクリップはMTBでは要らないと思う。
あればフラットペダルでも固定力がますけど、だからといってビンディングほどの固定力が得られないし、取り外しもビンディングより優れているわけでも無い。

ビンディングペダルの思い出
慣れないうちは着脱の練習をしましょう。信号でこけますw。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク