装備シミュ難度とスキル値総量のどうでもいい話

ざっくりと感覚的なお話だけど、スキル値総量が250ぐらいになってくるとかなりギチギチに組む必要がある。

よくある構成のたとえだと。
防具1部位5スキル、1スキル値5で25。それが5部位で125。
珠が4スキル、1スキル値2で8。それが15個で120。
カフはスキル値10として。
合計で255。

剛種系で11スキル枠にすると1スキル分軽くなるのと、旧スキルのスキルUPが見込めるので装備シミュは楽になる傾向。

ガンランスだと、砲術神35に対して紅焔の威光+2が15だから、炎寵がいかに優秀か。炎寵で組まない理由がない。
代償は、剛撃で換算しても65相当が10だから、テクニックがともなってなくても使いたくなる。
いたわり+3は代替えのきかないスキル値45だから、塔武器で補えた方が楽。
(家畜の安寧とかなんとかそのようなアイテムもあったような

剛種から追加された通称希少スキル、適応撃、闘覇、血気、絶対防御なんかは、基本同時に二つ以上備えた防具が無いので、これらを組み合わせると重くなる。スキル値の大きさよりも重めに感じる。

スキル値の総量で、組みやすさがざっくりとわかるよっていうどうでもいい話でした。

なぜどうでもいいのかというと、スキル値が先にありきではないから。
理想の12スキル、11スキルありきで組んで、無理なら替えのスキルにしたり、落としたりするから。

装備シミュする人たちのスキルが重いっていう感覚を表現するとこんな感じ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク