12年ほど我慢の大切さを学ばされたが

20年ほどかかって我慢の無駄さを知った。
悔しいね。

他者を侮り、自分のみを頼る慢心。

我慢が素晴らしい?我慢しなさい?
我慢したら嵐は去ったかい?
もっと大きな嵐を呼び寄せただけだ。

自力でどうにもならないなら他力を使ってもいいんだよ。

他力本願なのよ。
自分様と他人様で成り立つのよ。


我慢が無駄ってことに気が付いたときに思い出したこの曲。
あのthe Roseって曲のフレーズがずーと引っ掛かってた。
おもいでぽろぽろの日本語訳。
失うのが怖くて得る行動が出来ないっていう部分が残ってた。
だから悲しい感覚で感じてたなあ。
その部分は我慢が常態化していった心のあり様だった。
昔はそこだけが引っ掛かってたけど、最後のところで種の自力だけじゃない太陽という他力が加わって芽吹くよっていう。
合点がいった。
そして私はおもいでぽろぽろだった。(鼻水も出た
これいい曲じゃんって。


集団行動からはみ出ると我慢しなさいと言われたり、その人に言ったことは無いだろうか?
そういうときに必要なのは社交辞令。
社交辞令は世の中を大切にしたい形の出力であり、世渡り術。
つまりLOVE。
内なる野を駆け巡る心はそのままでいい。
ただ出力、交渉するときはLOVEで出す。
内なる心と出力をうまく使い分けられる人をどういうかっていうと。
大人っていうの。
だから我慢じゃない。
ひとつだけ気を付けてほしいのは、自分の心は大切にする。
世を大事にするあまり自分の心をおざなりにしないこと。
クリスマスが近いから例としてだすと、サンタの存在はLOVEで出来てる。


我慢=事象にたいして知ろうとせず、解決方法を考えようとせず、それらを必要と思わない、必要性が分からない状態。
ここに他力を侮り、自力のみに頼ろうとする慢心だったりもする。
怖いから、面倒だから、なお自分が見えない、周りが見えないと思ってるから我慢する。
条件付き自信に固執してしまう。
容姿が整ってないから付き合えない。お金がないから結婚できない他。


我慢しないようにするにはどうするの?
知る。
思いを口に出すのは、怖いから意外にハードル高いので、紙に書きだす。
話を聞いてくれる他力様がいれば思いを話す。そしてそれを書きだす。
まず、それについてどう思うか知る。
次にどうしたいか考え書き出す。
その次は、それを実現する方法を考え書き出す。
さらに次は、いつやるか書き出す。
そして、どんどん実行する。
そしたら、結果がでる
不慣れなことは上手くいかない場合が多いけど失敗も成功からどうして失敗したか成功したか書き出す。
さらにそれを条件に加えて考えて方法を実行する
我慢の状態を少し軽くする方法として気持ちを出すこと。
出すだけだと流されるので書きとめる。
初めはここから。


我慢が体と心の限界に達すると、内向きには病気になる。
鬱だったり、アルコール中毒、賭け事中毒、性中毒、ゲーム中毒他。
外向きには怒りが爆発する。
出力したほうがまだまし。
愚痴を言うっていうのも出力の一つ。ただ、言うだけなのは毒を吐いてるだけでもある。


我慢へいざなうオバケとか自信のなさとか失敗とか未練とか、
逆にそこから出るためのプラスの要素とかがまだ書き足りない。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク