ヘッドパーツを外すための工具が足りない。

結論から話しますとそういうことになりまして、頓挫!

まずヘッドパーツの種類が2種あって、私のロードは昔ながらのスレッド(ノーマル)、現在の主流はアヘッド。
ママチャリのヘッドパーツはノーマルですね。利点は、ステム(ハンドル)の高さ変更が容易。
アヘッドの利点は、スレッドに比べてメンテしやすい、剛性高い、軽量。

アヘッドは六角レンチがあればヘッドパーツのメンテナンスができるのですが、ノーマルは工具が2個ないと取り外すことができないのだ!
そして自転車工具セットにはひとつしか入っていなかったのだ!
そこで、もう一方をプライヤーでつかんでみたら、あーらビックリ。
傷が入ったー!orz
道具揃えて出直してきますね。
λ...。

とりあえず、ステムは外せましたがとても固かった。
グリスを流してしまう危険があるので使いどころの少ないクレ556を浸透させて取り外しました。
フレームを上下逆にして、フォークコラム内にスプレー。
2016032901.jpg
思ったよりは錆びてない。
2016032902.jpg


カモーン、モンキーレンチ!
ポチっと。
口開寸法36mmの薄型タイプ。

人気は30mmまでのようですが、今回必要なのは32mmなので今回はこれをチョイス。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク