私が絵を描くのに向いていなかった話

子供のころはそうでもなかったが、思春期を過ぎ成長するごとに絵を人に見せるのが恥ずかしくなった。
下手だから恥ずかしいと思う部分もあったが、心の内面が出てしまうという恥ずかしさが大きかった。
某所の表現でいうと、欲望がボロンッするのが恥ずかしいということになりますかね。

絵を普通に描く人は、そんなことは考えないし、考えても筆が止まるほどのこととは思わない。
だから、それで筆が止まる私は絵を描くのに向いてなかったのだ。

好きだったしやりたいことでもあったが、できなかった。
好きという思い入れが重くてうまく動かなかったのだ。

わりと好きでもないことのほうが良くできて、そんな場合が多いのはそういうことでもある。

不向きなんだってわかったら、ちょっと寂しい気持ちになったが気持ちが軽くなった。

これ、笑い話なんだけどそういうな風には伝わらなかったかな。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク