「夢を現実にする」という言葉の中には過程が無い

過程というか工程というか行程だったり。
イメージとして、マジックボックスに夢を突っ込んで、次に箱を開けたら現実になってましたー!といってもあながち間違ってない。
突拍子が無い。

過程を含ませて、心の壁を低く、考えやすく、簡単に言えばイージーにすると、
「夢と現実を近づける」
これ!
をおすすめします。

例えば、
近づけるとはどういうことか。
痩せたいという夢。運動するのがいい?食事を減らす?
痩せたい>どの体重まで?>身長がこれだけだから○○キロぐらい>体脂肪率は?>健康的なぐらいでいいから体脂肪率は○○%ぐらい>どのくらいの期間で?>夏までにしたいけど次の健康診断までかな?○ヵ月くらい>それらを踏まえながら運動はどうする?>水泳がすきだからプールに行く>週何日くらい?>・・・・・・

あれだよね。
夢を現実にするっていう言葉だと、頑張って現実を改変するって感じがする。
現実を変えて夢にしましたというか。
下手するとファンタジックな夢に、現実を改変していくのは困難だ。

夢を現実に近づけていっていい。
夢を改変していい。

もうひとつ、夢と現実を近づける作戦は、妄想をブレイクできる。(え、石化?
妄想をコントロールするのは不可能らしいけど、この作戦ですこしは現実寄りになる。

長くなってしまいました。
初めは言葉を置き換えるってだけに見せかけましたけど、そういう作戦でもあるってことがミソでした。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

Libidockの落書き置き場

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
ある勇者たちの日々
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク