いい自作PC時になってきましたね

AMD派は次期CPUが年末でそうなので正座待機。
次出るのは今までの系統で、新アーキテクチャのZENはその次みたい。そこまで待機したほうがいいかも。
インテル派は次期CPUが思いのほか性能が伸びないのが分かってるのでいつでもOK。
ハイエンドにしたい人は待ち。
インテルが独占状態にあるので、AMDがグラボみたく価格破壊してくれるといいなと個人的希望。
といったCPU事情。

グラボは、
今年発売された商品が以前のものと段違いの性能。
ミドルクラスでも旧商品のハイエンド並。
ただし、2万以下は旧商品とそこまで差がない模様。
ハイエンドならGTX1080。
お高めのコスパに優れたGTX1070。
前世代のハイエンドクラスがミドルクラスにお求めやすく。
DirectX11までのゲームだけならGTX1060。
Directx12~のゲーム、アニメ円盤組にRXシリーズ。
1060クラスのRX480。
4KもVRもやる予定なしならRX470。
といった具合。AMDのグラボはドライバがまだ未完成らしいので更新まち。
GTX9X0系は価格が現行ミドル級より安くならないと買う魅力ないね。
980でも3万前半がギリのラインかな。

マザーボードは、AMDの場合は現行だと新規格に対応してないので次期CPU待ち。

流行り?
ケースは、5.25インチベイの無い物が増えてきました。
ゲーミングPCには光学ドライブを積まない。
OSもUSBフラッシュメモリとかですし。ゲームもオンラインでダウンロードですし。
ケース側面の窓付は、好みのようですね。個人的には中の状態確認しやすそうだから窓付に一票。
世界込の主流としては窓付になっているよう。
配線は裏配線。電源は熱から分離。
CPUの大型ヒートシンクを考慮してのバックプレート用の空き。
そこまでは今の主流で、あとはフィルター付いてて掃除が楽なのが良い!

水冷。工場の配管フェチにはたまらない外観。
私は試したことが無いけど、効果としては熱を効果的にケース外へ排出できる。
空冷より冷却効果が高いでしょうか。ラジエーターサイズにもよる。
音はポンプがあったりと必ずしも小さくなるわけでも無いようだ。
オーバークロックしないのであれば空冷で困ることはないと思う。
水漏れリスクは大きいのでよほどの理由がなければ空冷がおすすめ。
どうやっても空冷で熱が下げきれないときはリスクを承知で水冷。


記憶媒体は、起動速度ならSSD択一。NVM ExpressというSSD向けの接続規格が登場したので対応しているならばこちらも選択肢として考えてもいいと思う。
動画関連を扱うならそれプラスHDDといったところ。
ノートPCをHDDからSSDにしたいけど容量がというときにSSHD。よく使うデータを不揮発性メモリへ保存するよう?

他は適当で。
書いてて面倒になった?
ハハハ。
ギエピー!


ふー。
他は特に気にすることでもないかなと思って。

電源ユニットは、80plusでブロンズからゴールドくらいがいいかな。
負荷かけてつけっぱなしならその上のグレード。
容量は理論値×1.5くらい。諸説ある。心配なら×2。
壊れるときはどれでも壊れるよ。

マザーボードは、一番売れてるの。割と正論だと思う。
まあ、昔ほど外れないから規格があってればどこでもそれなり。

メモリは、DDR3とDDR4で値段的な差は少なくなってきたので対応しているのであればDDR4。
容量は、ゲーム目的で8×2枚の16ギガあれば特に困らないと思う。
3DCGとかそういうレベルがその上で32ギガ。
枚数の組み合わせはそのマザーボードのチャンネルによる。デュアルトリプルクアッド。

OSは新しいのがいいね。新しい規格に対応してるってのが大事。
使い慣れてるとかしったこっちゃねー。

こんなところですか。
組み立てが簡単かどうか?
料理より簡単ではあるが、料理は塩と砂糖を間違っても食べようとしたら食べられる。
組み立ては、ケーブル1本刺さってなければ電源すら入らない。
些細なミスが故障の原因になる場合がある。力を入れてはいけないところ、少しは力をかけてはめるところなどなど。
そこさえ気を付ければ、料理より簡単。
初めて組むときは、経験者についてもらおう!

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
おすすめサイト
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク