デジタルポータブルプレーヤー「AGPtEK M20」のレビュー

リーズナブルなデジタルポータブルプレーヤー「AGPtEK M20」のレビュー
父用に購入。ではさっそく。

開封の儀。
2016120301.jpg
外箱のつらにバーコードシールが貼ってあったので裏返しにしてます。簡単にはがれるらしい。

2016120302.jpg
外観
フレーム外枠が金属で、安物感はないがだからと言って高級感もない。
ボタン類も、タッチパネル以外は金属。
ディスプレイがかなり小さいので、老眼の父には眼鏡をかけてもやや厳しかったようです。
文字表示自体はくっきりしている。
マニュアルは簡素。ほかの言語別に日本語ページが数ページ。

操作性
ボタン系の反応は可もなく不可もなく。
メニューなどの操作も可もなく不可もなく。
iPodのジョグダイヤル操作やスマホのスワイプ操作になれていると、不満はでるかもしれない。
機敏にはできない。
メニューをボタンポチポチする操作性。


音へ特にこだわりのない私の個人的感覚では、装飾感のない素直な音。
ノイジーな感じも受けなかった。
手持ちのCDからの音源は普通に再生できたが、ハイレゾは非対応とのこと。

ファイル管理
パソコンに接続すると認識されるドライブに、直接音源データを入れればOK。
フォルダ分けしているものはフォルダごと入れてもOK。
musicフォルダを作らないといけないということはない。
マイクロSD使用時は、SDカードもドライブ認識される。
音楽再生時のプレイヤー内操作ではドライブ選択が必要になる。
本体のメモリ容量で足りるならSD使わないほうが操作が一つ減って楽。

音楽再生
曲の再生順は、ファイル名で判断しているようす。
ファイル名がトラック番号曲名になっている場合は特に意識することはないと思う。
メインメニューには音楽という項目があり、そこは全曲ミュージシャン別アルバム別などでの再生。
フォルダごとで再生させたい場合は、メインメニューのフォルダビューで再生するといい。
注意として
音楽メニューで再生する場合特に、音楽>すべての曲>すべてシャッフルを選択すると、ほかの何々別やフォルダ別再生時もシャッフル再生に変更になるので注意。
シャッフルになってしまったら、説明書に操作説明がある通り、音楽再生中に三本線のボタンを押して、再生モード>シャッフル>オフに変更するとすべての再生方法が順送りになる。

FMラジオ
感度はわりといいと思う。
日本向け周波数だとワイドFMが聞けないが、それ以外の設定なら聞ける。

録音、電子ブックは使ってないのでレビューなし。
この画面サイズでは文字読む気とか起きないよ。

総評
お値段の割にはよくできている。
自分用にポータブルプレーヤーが欲しくなったら買ってもいいと思う。
ただ、画面が小さいので文字サイズ変更ができたらよかった。

すこし気になった点。
マイクロSDが微妙にスロットから頭を出す。微妙に斜めに。
説明書が簡素。もう少し説明書が詳しくてもいいと思う。
メニュー操作が洗練されていないといえばそうかもしれない。
本体メモリとSDで取り扱い別になるとことか。

以上。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ページランキング
お知らせ
カテゴリー、月別表示は折りたたみ表示になっております。
プロフィール

Libidock

Author:Libidock
お絵かきブロガー?

ブログ内容の無断転載禁止

リンクRSS登録申請について

Libidockの落書き置き場

MHF引退民「ひざにミヤシタを受けてな」
モンハン歴

検索フォーム
お目当ての情報が見つからない場合は、お試しあれ

プレイ動画
youtubeサイト
ある勇者たちの日々
QRコード
QR
カウンタ
AMAZONリンク